トップ  >  相談支援センター夢工房

相談支援事業とは?

障害者総合支援法では、平成24年より障がい者の方に対する“計画相談”がスタートしました。平成27年までに障害福祉サービス・障害児通所支援を利用するすべての障がい者の方は、”サービス等利用計画”の作成を受け、ケアマネジメントが行われます。  

サービス等利用計画とは?

ご本人の望まれる生活のイメージをもとに、福祉や医療等のサービスをマネジメントすることです。計画には、本人の解決すべき課題、その支援方針、利用するサービスなどが記載されます。利用するサービスについても、福祉、保健、医療、教育、就労などの幅広い支援から、ご本人にとって適切なサービスの組み合わせを記載します。 また、作成されたサービス等利用計画が、適切かどうか、定期的にモニタリングを行います。福祉や医療等のサービスが提供され、ご本人も課題に対して取り組むなかで、うまくいくこと、いかないことを確認します。  

*相談支援センター夢工房では、金沢市、白山市、野々市市、津幡町にお住まいの方を対象としています。

ご相談の流れ

1. まず、お気軽にお電話ください。お会いして、お話しできる日時を決めましょう。
2. お悩みや、ご希望を聞かせてください。
3. こちらからも質問させてください。
4. 本格的に、現在と将来の生活を考えてくために、相談支援サービスの行政申請手続きが必要です。お手続きの方法をご案内します。
5. 相談支援センター夢工房と、相談支援の契約を結びます。
6. サービス等利用計画を作成し、これからの目標や課題に沿って、地域の福祉サービスなどを考えます。
7. 福祉サービスなどの見学や、体験をしていただきます。
8. 確定したサービス等利用計画を市町に提出して、福祉サービスなどの支給決定を受けます。
9. 定期的なモニタリングを実施し、サービスの提供の状況を確認したり、ニーズの変化に対応します。

相談支援

こんな時にご相談ください

・福祉のサービスを知りたい、利用したい
・仕事がしたい
・一人暮らしがしたいけど不安・・・
・学校を卒業したらどうしよう・・・
・外出がしたい
お問い合わせ